2015年04月10日

ボビー君&ドナ君

 
先日「ダックス多頭崩壊レスキュー」のボビー君に会いました。
預かりさんの元で「てんかん」の発作もなくワンパクに過ごしています♪
ちょっと人見知りですが、この日はがんばって他の人ともコミュニケーション取っていましたよ。

DSC_3249.jpgDSC_3253.jpg

オヤツも貰えて嬉しそうでした♪



その後Uさん宅へお邪魔して猫に遭遇〜!


DSC_3255.jpg


相手は「お爺ちゃんの猫」のドナ君ですよ。
ワンコに免疫のないドナ君ですが、自ら近寄ってました。すごい!
ワンコと一緒に暮らせる子かもしれません。


DSC_3256.jpg

慢性的な涙と鼻水さえなければ、すごく良いご縁をゲット間違いないのに残念です。





それから嬉しいご報告です。


ドナ君の兄弟の「ムーン君」はトライアルが決まりました!
またご報告させて頂きますね。



 
posted by みーママ at 11:28| Comment(0) | お爺ちゃんの猫SOS

2015年04月09日

高知県の即日殺処分に意見を!

【お願い】


4月1日から高知県で猫は即日殺処分!を行っています。
しかも所有者の判明できない猫(外飼い猫、迷子猫、野良猫)も無料で受け入れるとの事です。
全国で殺処分ゼロへの取り組みが行われている中で、逆行した残酷な行為。
事前に県民への知らせもなく、直前に市町村担当者だけに文書での通達され県民どころか県議や県職員もこの状況を知らなかったという・・・
また高知県小動物管理センターはある工務店に業務を委託し、行政と企業の癒着もウワサされています。
こんな事許されません!!
ぜひ声をあげて高知の猫達の命を守ってあげて下さい。
 
責任ある情報を聞くには、利岡動物愛護担当か竹内課長にお願いします。
電話 088−823−9673
Mail  131901@ken.pref.kochi.lg.jp

詳しい情報は
『高知県小動物管理センターを変えよう!』 さんの記事を読んで下さい。
https://m.facebook.com/profile.php?id=904509769601346
 
お電話される方はこのサイトを読んでからされた方がいいです。
誤魔化される可能性があります。

一部記事を転載させて頂きます。
==========================
3月24日 9:45  発信情報
緊急拡散お願いします!「ダディー命の会」メンバーから、今朝連絡がありました。
高知県健康政策部食品・衛生課(088ー823−9673)は、4月からも猫100%即日殺処分の田邊工務店に引き続き委託するだけでなく、とんでもないことを始めます!
これまで表向きは「飼い主不明の成猫は引き取らない」と言って、じつは裏では引き取って殺していましたが、4月から堂々と引き取りを始めます! 
つまり、今まで捕獲されなかった野良の成猫が、センターに公然と引き取られて殺処分されます!
それだけではなく、飼い猫も首輪をつけていなければ引き取られて殺される可能性が大きいです。
これまでもそういう実例がありました。
高知県庁は「犬猫は殺す」という姿勢を、いよいよ明確にしてきています。
だから「殺処分ゼロ」を企画した会社や団体はすべて落とされ、田邊工務店が毎回選ばれるのは当然です。
「動愛法にのっとって殺処分していますから、問題ありません。
猫も引き取れると35条の3項に書いていますから」と、食品・衛生課は堂々と開き直っています。
どうか多くの方が、知事にメールで「高知県は動物愛護精神に逆行して、全国に恥をさらしている」ことを訴えてください。
成猫引き取り開始の4月1日まで、もう時間がありません。https://www.pref.kochi.lg.jp/form/111301/kocho-chijitegami-form.html
メデイアや動物愛護活動に熱心な著名人に、お力添えを願えないでしょうか?
国の担当は、環境省(03−3581−3351)です。

3月24日 18:07 ・ 発信情報
高知県の犬猫のために大勢の方がご協力くださったことに、心より感謝いたします!
知事メールや電話がつながらなかった方も多かったようですが、申し訳ありません。
また、行政110番は電話に出た職員によって対応の差があったようで、きちんと対応してくれた職員さんが県庁食品・衛生課に聞いてくれた回答です。
『小動物管理センターに昨年10月に猫舎ができたので、これまでは引き取っていなかった成猫も引き取り、5日たって元の飼い主や里親が見つからない場合は、殺処分する。
飼い猫を殺処分してから飼い主が分かった場合の対応については、今課内で検討中なので具体的に答えることができない。
4月1日から開始することについて、県民には知らせていない。県庁HP,県広報、新聞など、どこにも載せていない』
このほか、県庁秘書課に聞いてくださった方からも、
『猫舎が出来て保護するそうだ』とメッセージをいただきましたが、どうか騙されないようにしてください。
「猫舎」については、1昨年は800万円かけて準備すると聞いていました。
しかし、昨年10月、178万2000円かけてできた「猫舎なるもの」を見て、唖然としました。
もとからあった2畳ほどの小屋をそう名付けただけで、猫は「即日殺処分しています」とセンター職員は即答しています。
「1匹だけいる」という中村のセンターの写真を見てください。
音も光も射さない小屋の中に、2重ドアでしかも施錠して猫を閉じ込めていました。
これはセンターの猫虐待といってもいいと、ボランティアメンバーは怒っていました。
そのつもりはないのでしょうが、食品・衛生課に「だまされた!」と怒りの声を県民から聞く機会が、とても多いのです。
だからこそ、私は事実を知らせたい。
どうごまかしてもこれは、野良猫を今まで以上に殺す方向で、飼い猫も首輪がなければ殺される可能性があります。そういう実例があります!

3月26日 8:42 ・ 発信情報
平成25年度の高知県の殺処分数は、犬434頭、猫2338頭。
猫は100%即日殺処分です。
1日平均10頭、ガスで20分くらいかけて虐殺されています。
高知県の動物愛護行政は、上から尾崎正直知事、山本健康政策部長、弘田副部長、竹内(たけうち)ゆかり食品・衛生課長、田島桂子課長補佐、利岡彩穂動物愛護担当チーフです。
みなさんの電話に出ているタケノウチさんは、末端で1番大変な電話対応をしている人だと思います。
上の命令を聞いているだけで、タケノウチさんを責めても意味がありません。
責任ある情報を聞くには、利岡動物愛護担当か竹内課長にお願いします。
電話は088−823−9673、Mail 131901@ken.pref.kochi.lg.jp
食品・衛生課の説明は、以下が正確な情報です。
@高知県は4月1日から、今まで表向きは引き取らないと言ってきた、飼い主不明の成猫を引き取りする。
5日間センターに保護してHPに公示するが、猫舎がとても狭いためほとんどが今まで通り「即日殺処分」する。
Aこれまで同様に、飼い猫も殺処分される可能性が高い。
首輪や毛並で見分けると言っているが、首輪のない飼い猫もいるし、首輪は外れるから。
B飼い猫が殺処分されても、証拠が残ってないので責任はとらない。
C「動愛法」に基づいてやることなので、問題ない。
D4月1日から運用することを、県HPや広報などで県民に知らせることはしない。
市町村担当者には、知らせた。
つまり、高知県は猫殺処分をますます加速させて、野良猫や地域猫を減らそうとしています。
罪悪感はまるで感じられません。

動物愛護行政暗黒の27年度は、まもなく4月1日スタートです。
==========================
 
署名も集められています。
詳しくはこちらリンクをご覧ください:
http://www.change.org/p/%E9%AB%98%E7%9F%A5%E7%9C%8C%E5%BA%81-%E7%8C%AB%E3%81%AE%E5%8D%B3%E6%97%A5%E6%AE%BA%E5%87%A6%E5%88%86%E3%81%AE%E5%BB%83%E6%AD%A2
よろしくお願いいたします。
posted by みーママ at 14:40| Comment(0) | お爺ちゃんの猫SOS

2015年04月03日

ムーン君里親様募集中

ムーン君ですが、我が家に来たときは鼻水ズビズビで涙目もあったのですが、
現在は綺麗に治まっています。
食後など少しウルウルしますが、普段は問題ありません。
少し怖がりなので、環境が変わると最初はオドオド逃げたりしますが、
それでも隠れっぱなしの子ではありません。
探検したりしながら、徐々に環境や家族に慣れていきます。
慣れれば甘えん坊で、撫でて欲しそうにお腹を見せたり、ゴツンとぶつかってきたりで可愛いです。

現在ご縁を待っておりますので、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m




DSC05306.jpgDSC05394.jpgDSC05475.jpg
posted by みーママ at 12:55| Comment(0) | お爺ちゃんの猫SOS