2014年06月18日

ボビー君近況と最後のご報告

 
お久しぶりです。

ボビー君が預かりさん宅に帰って来たというご報告で終わっていましたが、
その後、とてもリラックスして預かりさん宅で暮らし、てんかん発作も落ち着いている事から、
預かりさんのお宅の家族として迎えて頂く事になりました。
ご心配をおかけしましたが、とても幸せに暮らしていますのでご安心下さい。


近況が届いておりますので、ご紹介します。

ボビー君 癲癇の発作も 戻ってきてから2回しか起こっていません。
わがままいっぱい元気な普通の家庭犬です。
誰か 外を通ると真っ先にワンワン吠えて もういいよ!というまで・・・やめなさい といっても吠えてます。
ほんとに 普通の小型犬になりました。
散歩で 知らない方にかわいいね〜なんていわれたら ボクですね! と胸を張って、寄っていきます。
頭を撫でられたら、ごろんちょとひっくり返ってお腹を見せて、さぁ 撫でてください と催促しています。
家の中でも 物怖じすることのなく、誰とでも一緒に寝て 一緒に遊んでいます。
食べ物の好みは結構激しくあって、嫌いな硬いおやつは無視
やわらかいジャーキーがお好きです。
今はもう普通に自分のお皿からご飯を食べています。
取られる! という気持ちもなくなったようで、ご飯が配られる順番を待つようになりましたし、
他の子のご飯を取りにいくこともなくなりました。
ただ、早食いは治りません。
おしっこはシーツで・・・もよくわかっています。
外してするときは、何か気に入らないことがあるんだ と こちらが解ってきました。
これからの 犬生 普通の家庭犬として過ごしてほしいと思っています。
大事に 一緒に暮らすことを楽しみたいと思います。

IMG_0049.JPG

IMG_0065.JPG

IMG_0136.JPG

IMG_0144.JPG

IMG_0167.JPG

IMG_0178.JPG

IMG_0215.JPG

IMG_0239.JPG

IMG_0244.JPG



これでダックス多頭崩壊レスキューについてのご報告は終了とさせて頂きます。(今更ですが・・・)

私達は里子出しも1匹ずつとても時間をかけていましたし、飼い主とのやりとりは詳しく話せない事もあり(飼い主もサイトを見ていました)、もどかしい気持ちで見てた方も多いと思います。
そんな中でも活動を信じ、たくさんのご支援とご協力を頂き本当にありがとうございました。



本音を言うと・・・
当初は全頭は無理でも里親募集はもう少しするつもりでしたし、掃除(お世話)にももっと何回も行きたかったです。
言いたいこともいっぱいガマンしました。

多頭崩壊の場合、飼い主は自分ではどうしようもなくなってますから最初は協力的です。
ですが減ってくるとだんだんとボランティアの介入を面倒に感じ、非協力になってくる事が多いです。
悔しいですが、所有権は飼い主ですから、同意がないとなにもできません。

腹が立っても悔しくても、残されているワンコ達の為にシャットダウンだけはされないよう繋いできましたが、
徐々に非協力になり、連絡も取りづらく・・・
(確かに飼い主にもできる事はやってもらい、ある程度の責任は負って貰いたかったので、口うるさかったとは思います。)
そして火事による引越を期に一気に介入を閉ざされてしまいました。


ただこの飼い主は愛情はあり、ワンコ達もゲージなどに閉じこめられる事もなく自由に暮らしていますし、ワンコ達も飼い主が好きなんです。
新居には小さいながらも庭もあります。
もう増えることはありませんので、後は飼い主にしっかりと責任を持って貰うしかありません。
力及ばずで申し訳ありません。

要請があれば、もちろん医療面でのバックアップは今後ともしていきたいと思っています。


それから残っている支援金につきましては、NPO「動物を守る奈良県民の会」へ寄付し、助けを必要とする子達の為に使わせて頂きたいと思います。
どうぞご了承下さいませ。


ご報告が遅くなり申し訳ありませんでした。

こんなSOSがもう今後なければいいなと願っております。



posted by みーママ at 13:26| Comment(4) | 幸せになった子

2013年10月28日

奈々(No.40・夢)ちゃん

 
悲しいお知らせです。

家族の元で幸せに暮らしていた奈々(No.40・夢)ちゃんが、10月18日(金)に亡くなりました。
急な旅立ちで、戸惑いとショックが大きいです。
でもご家族はもっとだと思います。

実は少し前から里親様がブログを作って下さっていたそうです。
そのご報告を受け、これから楽しみに拝見しようと思っていた矢先の訃報でした。

あとでゆっくり拝見した奈々ちゃんの姿は、どれも楽しそうで幸せそうで
里親様の言葉にも愛情が溢れています。
ぜひ皆さんにも見て貰いたいです。

『わんこ。』
http://848i4j.blog.fc2.com/


この幸せの時間がもっと長く続けば良かったのに・・・

不器用な奈々ちゃんを大きな愛で包んで下さったご家族に感謝です。
ありがとうございました。

奈々ちゃん安らかに眠ってね。


fc2blog_201310182138259ef.jpg
里親様のブログより
 
posted by みーママ at 15:51| Comment(2) | 幸せになった子

2013年08月09日

真央君が亡くなりました

 
残念なお知らせです。

ダックス多頭崩壊レスキュー中にご縁を頂いた真央君が亡くなりました。

元飼い主より飼育放棄され、辛い目にあっても人間を好きでいてくれた優しい子でした。
現在の飼い主のちっきさんと運命的に出会い、本当に家族として可愛がって頂きました。
早い一生はとても残念ですが、最後がとても幸せで、ご家族に看取って頂けたことが有難いです。
ありがとうございました。


ちっきさんより頂いたメールです。

こんばんは、ちっきです。こちらからは2度目の真央の近況報告になりますね。
 
真央が2013年8月8日15時46分、天国へ旅立ちました。
真央はここのところ、体調が崩れる事が多く、病院へ行く頻度がどんどん増えていきました。
最近はやたら痛がったり、回転するような動きをとるなどの妙な状態が頻発するようになりました。
そして詳しい原因を探る為に今日、MRI検査を受ける予定でしたが、その前に真央は力尽きました。
真央が入院していた病院の治療室には入った時には、真央はすでにぐったりしてもう何にも反応しない状態でした。自力で呼吸が出来ず、機械と薬に頼って延命しているだけの状態でした。
しばらく声をかけ続けて、体を触って、少しでも反応しないかと微かな期待を持ちましたが、それも叶いませんでした。
最後は私の意志で人工呼吸器を外してもらいました。
そして15時46分、真央の心臓は停止しました。
 
もう少し早く検査を受けていれば救えたかもしれないと思うと、くやしいです。後悔してもしきれません。
苦しい思いをさせてごめんよ真央君…
 
5歳と3ヶ月という短い寿命、私達の家族になって5ヶ月余り。
とても短い間でしたが、真央と一緒に暮らせてとても楽しく、幸せでした。
 
真央と私の縁を繋いで下さった方々にはとても感謝しております。
そしてダックスレスキューに携わってくださった皆様、本当にありがとうございました。


039.JPG




生前の真央ちゃんの愛らしい姿をブログに載せて下さっています。
本当に楽しそうな笑顔です。

『とあるミニチュアダックスの日常の記憶』
http://chikkimao.blog.fc2.com/


ご家族様、辛いお見送りお疲れ様でした。
そして真央くんに幸せをありがとございました。

真央くんのご冥福をお祈り致します。

posted by みーママ at 13:43| Comment(0) | 幸せになった子