2012年02月16日

コッカー女の子(えみ)ちゃん正式譲渡


先日紹介した「置き去り犬」のコッカー2頭のうち、女の子が無事里親さんの元に行きました!



お届け時、コッカーちゃんは預かりさんのお宅でケアされて随分綺麗になっていました。
今だに耳等を触られると無理に繁殖させられる時に押さえ付けられるのを思い出すのかキャンキャンと鳴きますが里親様が優しく撫でてくださると尻尾を振るようになりました。
嫌な過去は早く忘れて幸せになってくれると思います。

120214_112114.jpg120214_121336.jpg

里親様は、今まで本当に行き場のない子ばかり家族にして来られてきた優しい方です。
今回のこの子についても、シニアというのも怖がりなのも、緑内障なのも全部引っくるめて受け入れて下さいました。
またお家はしっぽ達の為に作られたと言っても過言ではないくらい、ワンコ達がノビノビ暮らせる様になっているんですよ〜♪

新しい名前は「えみちゃん」です♪
これからはいっぱい名前を呼んで貰って、いっぱい幸せになろうね!

里親様、本当にありがとうございました!
どうぞ宜しくお願いしますm(__)m





引き続き全盲の男の子の方は里親様募集中です。
お問い合せお待ちしております。


(コッカー男の子 里親様募集中!)
詳細はコチラ

2012-01-28 15.06.02.jpg
posted by みーママ at 10:53| Comment(4) | 置き去り犬

2012年02月03日

コッカー2頭里親様募集中

 
サイトの方にも【別館】として載せさせて頂きましたが、携帯からはサイトが見れない様なのでコチラにも書かせて頂きます。


*******************************

まだ「ダックス多頭崩壊」としてのレスキューも半ばですが・・・
悲しいことにまた新たに助けを必要とする子達が出てきました。

ある多角経営のブリーダーが、移転する際に十数頭もの犬を置き去りにしていきました。

置き去りにされた子達は元繁殖犬たちです。
違う場所で繁殖を続ける経営者は必要な犬達だけを移動し、あとの子達は「いらない」と残して週1回くらいご飯をあげにいく程度だった様です。
その事を知った有志数人が経営者の了承を得て救出に向かいましたが、ほとんど世話もされておらず酷い状況でした。

皆ガリガリで水分もとれてなく、自分のおしっこがしみてある新聞紙をしがんで水分をとってました。
中には極度の脱水症状に加え、脂肪のない身体で長期間おしっこでベトベトの新聞紙の上に居たために、低体温症になっている子もいました。

このままでは命が危ないとすぐに現場より引き出して病院で治療を始め、里親様を捜しました。
酷い状態の子も含め、ほとんどが心ある優しい方とご縁が繋がりましたが、まだあと2頭が残っています。

この様な酷い現実を知って頂くと同時に、里親様もこちらのサイトにて募集させて頂きたいと思います。

ご縁を待つ子は1匹は緑内障、1匹は白内障で全盲でシニア犬です。
体つきもガリガリで決してよい状態ではありません。
さらに酷い扱いを受けていたらしく、散歩も怖いだけ・・・人からのお世話もビクビクしています。
このままではあまりに可哀想です。
人の手がとても温かい物だという事を知って欲しい、毎日穏やかに過ごして欲しいと願っています。

度重なるお願いで申し訳ございませんが、どうぞご協力宜しくお願いいたします。

********************************

(問い合せ先)
my-ueda@wing.ocn.ne.jp(植田)

お問い合せの際は件名に「コッカーの件」と記載し、
ご希望の子の性別と簡単な自己紹介を書いて下記までお問い合せ下さいませ。



【里親様募集中】

《女の子》
●犬種 コッカースパニエル
●年齢 推定7歳〜9歳
●右眼緑内障あり
●体重6kg
●性格は大人しく、無駄吠えはありません。
 恐怖心が強い様で、怖がりです。

【追記】
●散歩は2・3歩歩くと抱っこして欲しがります。リードが身体に当たるのも怖い
様です。
●ゲージの入り口を開けていても中が一番落ち着く様でほとんど出てきません。
●トイレはゲージの中にあるシートで出来るようになりました。
●現在点眼と耳の炎症を抑える飲み薬を服用中

P1001209.jpg

P1001213.jpg

 
 
 
 
《男の子》
●犬種 コッカースパニエル
●年齢 不明ですが10歳以上
●両目白内障で全盲
●体重7kg(女の子より身体が大きいです)
●性格は大人しく、ほとんど吠えません。

【追記】
●預かりさん宅ではお庭でトイレを済ませる事ができています。お外での散歩は
していません。
●家の中でゲージから出ると、慣れていないからか徘徊しています。

2012-01-28 15.06.02.jpg

2012-01-28 15.10.17.jpg



********************************


すでにご縁が見つかった子ですが、背中がこんな状態の子もいました。

P1001214.jpg


あまりに酷いです。
まともな医療も受けさせて貰えず、この状態で何度も出産を繰り返し、酷い扱いに何年も耐えてきたと思うとたまりません。

せめてこれからでも家庭犬として幸せに暮らして欲しいです。。。。

どうぞ宜しくお願いしますm(__)m

posted by みーママ at 17:28| Comment(7) | 置き去り犬